イベント

幼児教育ラボイベント一覧

幼児教育ラボ 第13弾  世界各国の取り組みから考える質の高い保育とは① ~社会全体にインパクトを与える幼児の生活と教育~

【幼児教育ラボ 第13弾】

世界各国の取り組みから考える質の高い保育とは①
~社会全体にインパクトを与える幼児の生活と教育~

◎目的
保育の質について世界各国の事例から学ぶ

◎内容
書籍“なぜ世界の幼児教育・保育を学ぶのか”
を事前に読み、各々の気づきや学びをシェアする

以下の本を題材に世界の幼児教育・保育の事例からの
気づき・学びのシェアを行います。

国ごとに担当をきめて、
本を読んだ感想を1枚のスライドにまとめてシェアをします。
その後みんなでディスカッションが出来ればと思っています!

https://www.amazon.co.jp/dp/4623078558/ref=cm_sw_r_fa_awdb_MvImzbFFKKGS7

※内容が濃いので何回かのシリーズに分けて行おうと思います!

◎お申込み:
以下のフォームからお申込みください

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfHELcEAcMs9RvuDPEiXiOa_t-veQas30QxaUhYmn1ygWQUrQ/viewform?c=0&w=1

※できるだけ正確な人数を把握したいので、
お手数ですがFBの申し込みだけでなく、
こちらのフォームでの申し込みをお願いいたします

◎定員:20名前後

◎日時
7月23日(日)15:00~18:00 ※14:45~受付開始

◎場所
〒106-0047 東京都港区南麻布5-3-20 有栖川ビル2階
※広尾駅3番出口から徒歩7分ほど

◎参加費:無料 (懇親会は参加費2500円前後です)

◎ファシリテーター:
・熊野さん
・中野さん
・要田さん
・久保田さん
・石原さん

《紹介予定の国》
フィンランド、台湾or韓国、デンマーク

※参加型なので、自分の学びのためにも
本の担当ページを呼んでシェアするのをやってみたい!
という方、お気軽に手を挙げてください☆

詳細はこちら

幼児教育ラボ 第11弾 保育所保育指針・幼稚園指導要領の改訂に向けて

★5月20日(土)イベント概要

【幼児教育ラボ 第11弾】

保育所保育指針・幼稚園指導要領の改訂に向けて

~改訂ポイントの理解と内容の読み解き その①~

5月20日(土)イベント概要

◎目的:

保育所保育指針・幼稚園指導要領の改訂のポイントを理解し、日々の自分の保育や園のあり方をあらためて考える

◎内容:

・保育所保育指針・幼稚園指導要領を読み合わせ、これまでとこれからの違いについて理解を深める

・内容についての解釈をシェアする

・日常の保育やこどもたちへの関わり、職場にどう反映していくのかを考える

詳細はこちら

幼児教育ラボ 第10弾 世界の子育て、保育を知る旅 〜保育士が夫婦で世界一周して感じてきたもの〜

★4月15日(土)イベント概要

ゲストスピーカーをお呼びして、
お送りする特別な会★

【幼児教育ラボ 第10弾】
世界の子育て、保育を知る旅
〜保育士が夫婦で世界一周して感じてきたもの〜

4月15日(土)イベント概要

◎目的:

世界の子育て、保育を知る

◎内容:

・なぜ僕らは30代で世界一周の旅に出たのか?
・海外の子育て、保育を見て感じたこと
・海外在住の日本人あ母さんが感じる日本との違い
・僕らが出会った《本当の豊かさ》とは

詳細はこちら

幼児教育ラボ 第9弾 ~アドラー心理学から学ぶ、共に働く仲間たちとの信頼関係の築き方~

★3月12日(日)イベント概要

◎目的:

保育者が、上司・同僚・後輩などあらゆる仕事仲間との信頼関係を深められるようになる

◎内容:

保育現場での仕事仲間との関わり方について、
実際のケースを題材にアドラー心理学の観点から考える

詳細はこちら

幼児教育ラボ 第8弾 ~世界の様々な幼児教育手法をのぞく~

★2月19日(日)イベント概要

◎目的:

世界の様々な幼児教育手法を知り、
幼児期の教育において大切な要素を考える

◎内容:

・モンテッソーリ、シュタイナー、森のようちえん、イエナプラン、レッジョなどなど・・・世界の様々な幼児教育手法のエッセンスを知る
・幼児期の教育において大切な要素を考える

詳細はこちら

幼児教育ラボ 第7弾 ~仏教の視点から考える、子どもたちに関わる大人の役割~

ゲストスピーカーをお呼びして、お送りする特別な会★

【幼児教育ラボ 第7弾】
~仏教の視点から考える子どもたちに関わる大人の役割~

1月22日(日)イベント概要

◎目的:

”自分らしい子どもたちへの関わり”に自信を持つ

◎内容:

子どもたちに関わる大人の役割、
自分らしい子どもたちへの関わりについて、
仏教的視点からの話やワークを通して考える

詳細はこちら